無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

@















@ rm 🏠 home now













なむじゅん について行くと

周りには高級な家が並んでいる .

《 着いたよ 》と言われる頃には

私の頭は混乱しているわけで ...... 。



頭がぱっとすると 目の前には ずどーん と

大きい家が .








r m
r m
  ここ僕達の家だよ  
y o u
y o u
  ... でかいね 、笑  


この家に慣れているだろうから

《 そうかな? 》 とすまし顔で返事をしてくる なむじゅん .




r m
r m
  入って  



と 、玄関に1歩踏み入れると

私の耳に響く声が .








ほび と じんくん だ .



j n
j n
  ありゃ...?あなたじゃあああん!!!  
j h
j h
  ...んえええええええ!?!?  




と 2人とも抱きついてくる .

... 心の中では嬉しがっているとか言ってみる .







r m
r m
  こらこら 、困ってるよ 笑  




ようやく離してくれる2人 .





j n
j n
  や〜 、久しぶりすぎて  
j h
j h
 ね 、あなた泊まるの?  
y o u
y o u
  あ 、その予定 
j n
j n
  今日は 特製ちゃーはん 作ったげる!  
y o u
y o u
  ほんと!?やたやた!  












time ⏰








j n
j n
  はいどーぞ  



と 、食卓に並べられたのは

なぜか ぎとぎと のちゃーはん .





y o u
y o u
  なんでこんなに ぎとぎと なの?  
j n
j n
  なんせ僕の大好きな ごま油さ!!  
y o u
y o u
  ... げ。  




わざとすぎる ... .

と 、じんくんを ゆるーく睨んだら

なんと 嫌味なこの変顔 .










... 当然 この ちゃーはん は

ほび が捨ててくれた . ←


とりあえず ほび は慣れた手つきで

食べるもの作るよね .






j h
j h
  はい!できましたー!!  



そういって 私にくれたのは

なんといっていいか 、卵がふわっふわの

おむらいす だった .




y o u
y o u
  わあ...美味しそ...  
j h
j h
  あったりまえ!こんなの朝飯前よ  
r m
r m
  はいはい、早く食べて寝なさい  







と、お母さんが出てくる ←

この2人を世話する なむじゅん 大変そうだなあ...とか思ったりした .













time ⏰













お風呂から上がり なむじゅん に案内してくれた

部屋のベッドに だいぶ ☆






これまでの思いが一気に込み上げてきて

涙が溢れ出す .






y o u
y o u
  あー 、...もう  







明日は 帰って てひょん に


誕生日ぷれぜんと 渡しに行こう .


と心に決めて 私は眠りに落ちた .






next