無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

@




















そこにいたのは 、てひょん だった .

息切れしていて 、いつ倒れてもおかしくない状態だった .←




t h
t h
  ...っ、はぁっ...  
t h
t h
  ごめんッ...あなた 、はぁっ 、  
t h
t h
  俺のせいで 、  






すると 、 おっぱ が てひょん の目の前に行った .





y g
y g
  お前か?浮気してんの...  
y o u
y o u
  おっぱ ... もういいから  
y g
y g
  良くねえよ 、  
y o u
y o u
  ...... もういいって !!  

私は おっぱ に向けて 大きな声で言った .

すると 、おっぱ も諦めたようで元の場所に戻った .




t h
t h
  ごめん 、あなた...  
t h
t h
  事故って聞いて...っ、  
y o u
y o u
  てひょん ...  
y o u
y o u
  ... ごめんね 、  
y o u
y o u
  私 、やり直したい  
y o u
y o u
  ... やっぱ 私 てひょんがいないと  
y o u
y o u
  駄目みたい 、‪笑  
t h
t h
  ... うん 、知ってる  
t h
t h
  分かってて浮気してたなんて馬鹿だよな  














おっぱ が怒ってるのは目に入ったけど

やっぱり 、ぐく と じみん が心配しているわけで ... .

《 大丈夫 》 と目配せしておいた .
































t h
t h
  俺が傍で支えてやる .  





この言葉が " 偽り " じゃない事を願います .








next