無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

@















それから 私は あまり てひょん の気に触らないようにした .



この 静かな 空気を破ることも無い .


ただ 、天国に居るような気分がした .








そう思う間も直ぐに終わり 、

ある疑問が頭を通り過ぎた .





" どうして私は浮気していることを聞かないのか "







なぜだろう .


言っちゃえばいい話なのに .


でもその言葉は なかなか 口に出せなくて .


... そんなこと言うと


二度と会えない 、二度と話せない と


思うから .


___ 私は てひょん から離れられない .


それほど 依存したみたい .









気の狂った私は 昔の事で


今なんか もうはっきりさせちゃおう !


そんなことばかり考えている .


もう満更でもないこの疑問を 聞こう .


どうにでもなれ .
















y o u
y o u
  ねえ 、浮気...してる ?  



すると てひょん は驚くように目を開いた .








next