無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

@















@













《 はぁっ、...んっああっ 、てひょ...っ、 》




家に入ると 、どこからともなく 喘ぎ声 が

聞こえてしまうわけで 、泣きそうになる私 .





y o u
y o u
  ... っ 、やだ ...  





私は 、家から飛び出して

無我夢中に走った .







すると ... 、" どんっ " と人にぶつかる .























??
  大丈夫ですか ?  
y o u
y o u
  っ 、あ ... ごめんなさい  
??
  ... お話聞きますよ ?  


そう私に優しく微笑んでくれる貴方の笑顔は

太陽のように眩しかった .










next