無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

@















てひょん はソファからいきなり立ち

私の目の前に来る .










t h
t h
  ...... あなたはどう思う?  
y o u
y o u
  え...?  
y o u
y o u
  どう思うって...  
t h
t h
  ... うん、浮気してるよ?  
t h
t h
  毎晩お前以外の女抱いてる  


その言葉を聞くと 、何かが切れたみたいに

涙が溢れ出てきた .


t h
t h
  どうしてだと思う?  
y o u
y o u
  ... やだ、っ 、  
y o u
y o u
  もう言わないで ... っ、  
t h
t h
  ふーん 、ならいいや  






と、てひょん は元の場所に戻った .






t h
t h
  ... 聞いてもなんも変わらねえよ  









私はただただそこで泣き尽くすことしか出来なかった






てひょん は何を考えているか分からない .

それほど私は てひょん の事を知らないのだ.

謎が深いぐらいに 私達の愛は 壊れていく .















next