無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

772
2021/12/21

第15話

え?寝た?
あなた「………起きてこない」
朝ごはん作ったのに一向に部屋から出てこない…
もう仕事の時間になっちゃうのに…
もう7時すぎちゃうのに…
あなた「竜胆さーん!朝ですよー!!」
部屋の外から叫んでも返事もなし。
本当にどうした…?
あなた「入りますよ〜?」































































































































入った部屋は黒いカーテンがまだ閉めてあってベットは竜胆さんが寝てるのか膨らんでた。
デスクに置いてあるパソコンは電源が着いたままだった。
ん?
昨日寝たんじゃないの?
あなた「竜胆さん…?」
ベットの近くに行って彼を起こすけど反応がない
あなた「もしもし〜?」
竜胆「ん…………」
ひょこっと顔を出してきた竜胆さん。
なんか顔赤くない…?
あなた「顔赤いんですけど…本当に昨日寝ました?」
竜胆「……………………寝た」
あなた「その間の時間は嘘ですね」
竜胆「もうそんな時間かよ…今起きる…」
あなた「ちょっとストップ」
竜胆「なに…?」
あなた「熱測ってもらっていいですか?」
竜胆「ねぇからいい」
あなた「嘘つき」