無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

854
2021/12/11

第13話

買い物
竜胆「ん。おかえり」
あなた「運転お願いします…」
竜胆「ただいまは?」
あなた「…ただいま」
竜胆「おかえり」
仕事が終わってコンビニの駐車場に行くとなんとも高級車…乗ってるのは竜胆さん…
やっぱりお金持ち…だよね
朝送ってもらった時にマンションすんごいの…シャンデリアがキラキラしてた…
竜胆「1週間分今日は買うから好きなもん買えよ」
あなた「すみません…」
竜胆「そこは礼だけでいいっつーの」
あなた「…ありがとう」
竜胆「そういやあなたはいくつ?」
あなた「女性に年齢聞きます…?27ですけど」
竜胆「27か〜俺は30だけどな」
あなた「え?三十路なんですか?」
竜胆「まぁな」
あなた「見えな…私より年下かと…」
竜胆「年上。でも今は許すけど敬語外せな」
あなた「善処します…」
会話は淡々としていたけどそんな嫌な空気ではなかった。
…思うんだけど首の所の模様?は刺青…だよね
やっぱりそーゆうなんか…危ない仕事してる…よね
今は聞かないけど…


























































あなた「今日の夕飯何食べたいですか?」
竜胆「肉」
あなた「どーゆうのがいいですか?」
竜胆「美味いの」
あなた「…頑張ります」
竜胆「元カレには料理してたのか?」
あなた「そりゃ同棲してたんで料理はしてましたよ…2年も同棲してました」
竜胆「2年もかよ。それで浮気とかクソだな」
あなた「ですね。けど好きではいたんですよね〜…だって初めての恋人だったんで」
竜胆「……そ」
あなた「竜胆さんはどれくらいの人と付き合った事あるんですか?」
竜胆「別にそんないねぇよ。どいつも別にどーでも良かったし面倒」
あなた「うわ女性の敵ですね」
竜胆「お前は欲しいけどな」
あなた「無理です」
竜胆「ぜってぇ落とす」
あなた「無理ですね」
竜胆「……結構根はしっかりしてんだな」
あなた「社会人ですからね?」
竜胆「……酒飲むと子供みてぇだけどな」
あなた「…いい加減酔ってた時は引っ張り出さないで下さいよ…」