無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

305
2021/10/12

第2話

朝からお寝坊
あなたside




あなた「ふぁ~時間もちょうどだし早く着替えましょうと」



ガチャッ




あなた「あれ?桃矢も??おはよう」



桃矢「昨日遅くまで起きてたから寝坊すると思ってたぜ」




あなた「もう!私はさくらちゃんみたいに遅刻しないわよ笑」





桃矢「まぁたしかにな笑」





あなた「えーっと今日の朝御飯の当番だれ??」




桃矢「あなただな。」



あなた「あー今日演劇部の朝練習あるから変わってくれない??🙏🙏」




桃矢「日曜日よろしくな」




あなた「はぁ~い😭」



ドタドタバタン!



あなた「うわぁさくらちゃんかな??」





桃矢「あたりまえだろ。」






あなた「慣れてるのね笑」





藤隆「あなたさん桃矢くんおはようございます」





あなた「おはよー父さん」





桃矢「おはよー」








あなた「あーやばい!!時間ないよ!!」



桃矢「はい。おにぎりとお弁当」




あなた「え??なんでおにぎり??」



桃矢「朝御飯食べてないだろ??これでも食っとけ」


あなた「おぉ~!!やさしぃねぇお兄さん!!」




桃矢「うるせぇ」





あなた「じゃあいってくるねぇ!!お父さん!桃矢!」




藤隆「いってらっしゃい~」



桃矢「いってらぁ~」






バタンッ





桃矢「それで??うちの怪獣はまだ寝てるのかよ」

























あなた「やばい!遅れそう!!」



雪兎「あっ!あなたちゃん!!おはよう」



あなた「あれ??雪兎も居たの??なんの朝練??」


雪兎「演劇部だよ?恋人役でしょ??」



あなた「あー!!そうだった!あとさぁぁ自転車乗せてくれない??遅れそう!」





雪兎「うん!いいよ」





あなた「よいしょっと!」







雪兎「//////恥ずかしいなぁ」







あなた「なんかいった??」







雪兎「いや!なんでも!」





さくらside



さくら「おはよー!!やばいやばい遅れちゃう!!」





桃矢「はぁもう早く起きろよな何してたんだよ怪獣」




さくら「怪獣じゃないもん!!」




桃矢「はいはい」





さくら「あれ?あなたちゃんとお父さんは?」




桃矢「あなたと雪兎は演劇部の朝練
父さんは会社に行った」





さくら「ほぇ~~~!!あなたちゃんて演劇部に入ったの??」






桃矢「そうらしいぜ?テニス部にすりゃいいのにな」






さくら「ふーん!!て!!遅れちゃう!!雪兎さんもいないしぃ」





桃矢「じゃっおれいくから後片付けよろしく」





さくら「ええええええええ」