第8話

藍と佐久間の過去
753
2022/05/14 07:24
〈朱峰 藍〉
まずは共通点から聞くことにした
朱峰 藍
さっくん
佐久間 大介
ん〜?
朱峰 藍
共通点...分かるんだよね
佐久間 大介
そうだよ
少しさっくんの口角が上がった
そして得意げに言った
佐久間 大介
殺されてる人は皆警察も手に追えない闇組織
佐久間 大介
「チェス」だよね
朱峰 藍
やっぱり..知ってるんだ
佐久間 大介
そりゃぁね
そう、私が今までに殺してきた人の共通点はそのチェスの一員...チェスターだったという事
私も私の両親もその一員だった
今は亡きお父さんとお母さん
私の両親は2人とも能力者であり、当然その間に生まれた私も能力者だった
両親は私が大きくなっていくにつれて様々な殺し方、毒の作り方、人の死についてなどを教えてくれた
私の両親は組の中でも優れていた
自分自身、親が憧れであり、ライバルであった
でも幸せは突然崩れた
両親の才能を妬んだ人がはめた
最終的には組織全員から裏切られ殺された
最も...最後の最後まで私を守り庇ってくれたんだけどね
佐久間 大介
初めて会った時、「あかみね」って名前に聞き覚えがあった
佐久間 大介
偶然だと思ってた...でも藍の漢字を見て
佐久間 大介
俺の知ってる「朱峰」さんだった
佐久間 大介
そして連続で殺されてる人の共通点
佐久間 大介
ニュースで顔や名前が出てくる度に違和感があった
佐久間 大介
そして...チェスターって事が分かった
朱峰 藍
なんでさっくんはチェスの事知ってるの?
私はチェスに居た人たちを全て覚えている
その中にさっくんは居なかった
名前も顔も一致する人が居ない
佐久間 大介
藍はさ、由乃って人知ってる?
朱峰 藍
由乃?
確かにいた
由乃春花と由乃真斗
確かにそんな人たちがいた
朱峰 藍
うん...分かるよ
由乃さん達とは両親が仲が良かった
お互いに子供がいたから意気投合したのだろう
私も話した事がある
でも...ある日を境にキッパリと姿を見せなくなった
チェスというグループは様々な事をしている
突然いなくなったら覚悟をしろ
そうお父さんに言われてた
だから勝手に理解をしていた
朱峰 藍
その人達がどうしたの?
佐久間 大介
俺がその人達の息子だって言ったら?
朱峰 藍
...え?
さっくんが...?
由乃さんの息子?
でも...佐久間って苗字は
佐久間 大介
俺の親はチェスの一員で、由乃春花と由乃真斗
朱峰 藍
ちょっと待って、なら苗字はどうなるの
佐久間 大介
今の家族とは血は繋がってない
そう...だったんだ
拾われた?
朱峰 藍
拾われたの...?
佐久間 大介
ううん、拾われたと言うよりかは
佐久間 大介
俺が親も居なくなって途方に暮れてた時にある児童施設の人に拾ってもらった
佐久間 大介
施設に入って少ししして今の家族に迎えられたって感じ
朱峰 藍
そうなんだ
さっくんがジャニーズに入った年からして考えると
結構小さい時に...
さっくんにそんな過去があったんだ
佐久間 大介
藍は?
朱峰 藍
えっ?
佐久間 大介
藍の過去
朱峰 藍
私の両親は...組織全員に裏切られ殺された
朱峰 藍
お父さんもお母さんも何も悪くなかったのに
朱峰 藍
だから復讐してるの
佐久間 大介
それ、俺にも手伝わせて
朱峰 藍
えっ?
佐久間 大介
両親が死んだのは組織のせいだから
朱峰 藍
...分かった
そしてさっくんと私は手を組んだ
こんなにも近くに同じ境遇の人が居たなんて
まだまだ続く
私の復讐は

プリ小説オーディオドラマ