無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Б 転校。聞き耳
私はあなた、やばい、すごい緊張する(--;)、、、何故かって、?それは、今日が通学初日!だからなのである!まあそれはおうちの都合ということで、でも、、はぁぁあ友達と離れるの悲しかったな、新しい学校で友達できるか不安だし、てか親!こんな時期に転校させるのも悪い!こんな時期って言っても普通の時期なんだけど、、まあそれは置いといて、もう学校の目の前来てしまった、やだな、頑張ろう、、、


ー下駄箱ー
はーなんか綺麗だなこの学校真っ白すごーい前の学校すごい汚かったからなー笑これが普通なのかな?
ー職員室前にてー
ーガラガラー

あなた
失礼します、あなたです、佐藤先生いらっしゃいますか、?

佐藤先生
おーあなたか、よく来たな!んで、クラス表なお前のクラスはAクラス良かったな笑じゃあ案内するから着いてこい

ー移動中ー
先生荒っぽいなー笑 、えーっと、へーEクラスまであるんだ、人数多そー、、ってあれ、1クラス20人っつしか居ないじゃん、しかも男女きっちり別れてる、なんか面白いなー笑笑そう言えば先生がAクラスでよかったなって言ってたけどなんかクラスによって違うんかな?まあ明るいクラスなんだろうな
ー教室前にてー
佐藤先生
Aクラスはここな、覚えとけよ

あなた
は、はい

佐藤先生
んじゃ俺が先入って色々言っとくから合図したら入って自己紹介でも何でもしてな

あなた
分かりました、ありがとうございます
ー教室前1人ー
んーやばい、すごい緊張する、どんなクラスなんだろうほんとに気になる。
楽しそうなクラスだったらいいなー、、、あっ呼ばれた、早く入らなきゃ
ー教室内にてー
佐藤先生
では転入生を紹介する、入ってきていいぞー

ーガラガラー

あなた
は、初めましてあなたと言います。千葉から来ました、皆さんと仲良くしたいので沢山絡んでくれると嬉しいです!これからよろしくお願いします。

クラス
ぉぉー、!!可愛い、仲良くしよー!!

佐藤先生
はいはい、うるさいぞ笑んじゃああなたの席は、空いてるとこ誰か譲ってやれ

クラス
はいはい!俺んとこ!

佐藤先生
あーまあいいかあなた、お前の席はそこな、仲良くしとけー

あなた
ありがとうございます
ー席にてー

なあなあ、お前、あなた?よろしくな

あなた
よっよろしくお願いします!


そんなかしこまんなって笑俺のことは気軽に遥って呼んでな

あなた
はい!嬉しいです、、


はは笑こんなんで嬉しいのかよ笑まあ授業始まるからこの辺で

あなた
はい、ありがとうございます
ー休み時間にてー
クラスメイト
ねえねえ!なんて呼んだらいい!?何が好き!?遊ぼ!彼氏は!?、、、、

あなた
あっ、えっと、笑、、、、、、、、、、、

やばい、みんな仲良くしてくれる、すごい嬉しい泣きそう笑
ー教室前の奥でー
なあなあ、このクラスに来たってことはあいつあれだよな、

だよなぁすげぇな笑笑

それな笑笑でもあの子にならやってもらいたいわww

何言ってんだよ笑俺らはやる側だろ?笑

だな?笑
ん、?何言ってんだろう、わたし、のことなのかな?何ができるか出来ないかとかよくわからん!頭爆発しそー笑まあ楽しければそれでいい!
ー放課後にてー
あなた
はぁー疲れたわ

クラスメイト
おつかれー笑初日から大変だったね笑

あなた
だね笑もう帰ろうかなー

クラスメイト
え、もう帰るの?あなたはやんないの?

あなた
ん?何が?

クラスメイト
あー聞かされてないのか、何でもないよ!今日は早く家に帰って疲れとって、

あなた
ありがとうー、、、優しすぎてほんと泣けてくる、、

クラスメイト
笑笑笑もう何ーあなた笑笑こっちも泣けてくるからやめてー笑笑

あなた
笑笑んじゃあもう帰るかなー

クラスメイト
そうだね、うちらはやる事あるから先帰っててね!

あなた
うん!頑張ってね!

クラスメイト
ありがとう!!それじゃまた明日!

あなた
またあしたー
ー家にてー
はァァァァァ疲れたァァ不安だったけど友達いっぱい出来て良かった、、、
みんな優しすぎるし、ほんとみんな大好き!笑てかみんななんかやってたけど何やるんだろ、?
まあいつか知れるっしょ笑笑
ーベットの中でー
んー寝れん、学校の事でも調べるか、、〇〇学校、検索、と、、ん?七不思議、?何それー面白そでも内容、なんか変じゃね?てかこれ書いてること長いし多いし読みずらーいいやもうねよ
続く