無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

リン吉
吉野
吉野
~~~~~♪
ガチャ
リンドウ
リンドウ
綺麗な歌声ですね
吉野
吉野
わっ!り、リンドウ!い、いつから?!
リンドウ
リンドウ
今さっきですよ。
そんなに焦らないでください。
吉野
吉野
へ、変じゃなかった?
リンドウ
リンドウ
全然、逆にとても綺麗です
吉野
吉野
あ、ありがとう…
リンドウも凄いよ…
それに元アイドルだし……僕なんか中々歌いこなせないや…
リンドウ
リンドウ
そんなことないですよ?
吉野
吉野
そ、そう?
リンドウ
リンドウ
はい…
吉野がPのチームにいた時、皆歌いやすいって言っましたよ?
吉野
吉野
そ、そうだったんだ
リンドウ
リンドウ
僕も、凄く踊りやすかったし……
吉野
吉野
あ、ありがとう……
少し安心できたかも
リンドウ
リンドウ
それは良かった…
あと、おまじないしておきますね。
吉野
吉野
?なんのおまじない?
チュッ
リンドウ
リンドウ
吉野が自分に自信を持てるおまじない
微笑む
吉野
吉野
っ………!!!///
リンドウ
リンドウ
開店時間だから準備してくるね。
吉野
吉野
う、うん
ガチャ
吉野
吉野
(少しは自信持てたかな?)
ありがとう……リンドウ(小声)
それをリンドウはドアの前で聞いていた。
リンドウ
リンドウ
どういたしまして……頑張れ吉野
(小声)