無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

黒リン
投稿が遅くなってごめんなさい!
これから、少しづつ出していきます!!
今回は久々なので張り切って書いてみました!!
ほんのちょっとだけ、ピンク……
ではどうぞ!!
リンドウが帰ろうとしてスターレスから出た。その裏側で黒曜の声がした。
リンドウ
リンドウ
(黒曜……また、喧嘩ですか?)
黒曜
黒曜
_____!!!
黒曜が男を殴った。
リンドウ
リンドウ
ちょっと!黒曜!!
黒曜
黒曜
なんだよ……リンドウ
リンドウ
リンドウ
暴力は良くありません!
黒曜
黒曜
うっせ!こいつが喧嘩売ってきたんだよ!
リンドウ
リンドウ
だとしても!_
男
なんだ?連れか?いい顔してんじゃねぇかよ!
男はリンドウの腹を殴った。
リンドウ
リンドウ
くっ……ゲホッ……ゲホッ…
黒曜
黒曜
おい!……リンドウ!大丈夫か?!
男
今日はここら辺にしといてやる!
お兄さんお大事にね!www
黒曜
黒曜
っだよ!!待てっ!
リンドウ
リンドウ
黒曜!そろそろ辞めてください!
黒曜
黒曜
だけど……
リンドウ
リンドウ
大丈夫です…途中までですが、一緒に帰りましょう
黒曜
黒曜
あぁ、リンドウ今日俺ん家に泊まってけ
リンドウ
リンドウ
ですが……
黒曜
黒曜
いいんだよ…
帰り道……
黒曜
黒曜
ほら、上がれ
リンドウ
リンドウ
ありがとうございます。
お邪魔します。
黒曜
黒曜
ソファでも座っとけ。
水持ってくる。
リンドウ
リンドウ
色々とすみません。
黒曜
黒曜
ほら、水。
他に欲しいものは?
リンドウ
リンドウ
ありがとうございます。
……じゃあ、一つだけいいですか?
黒曜
黒曜
あぁ、構わねぇぞ。
リンドウ
リンドウ
黒曜からのキスが欲しいです。
黒曜
黒曜
おやすい御用だ。
黒曜は、リンドウに口付けをした。
チュッ
そのまま、黒曜はリンドウを押し倒した。
黒曜
黒曜
悪ぃ、怪我してんのに
リンドウ
リンドウ
いいえ、大丈夫です。
続けてください。
黒曜
黒曜
そうかよ……
リンドウ
リンドウ
黒曜……あなたので僕をグチャグチャにしてください。//
黒曜
黒曜
覚悟しろよ。
黒曜はリンドウのシャツの中に手を入れた。
リンドウ
リンドウ
(黒曜の手冷たい。)
黒曜
黒曜
(こいつ…綺麗な肌しやがって……誘ってるにしか見えねぇ)
その後、黒曜はリンドウをぐちゃぐちゃにしました。