無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

ケイ晶
ちょいっとピンク入りマース!
梅雨の季節で豪雨の時・・・
ザァァァァァァ
スターレスからの帰り道
雨の音
晶
ケイ〜!
ケイ
ケイ
なんだ晶ずぶ濡れではないか。
晶
そうなんだよー!
傘忘れてさー
入れてってよー
ケイ
ケイ
仕方あるまい。
キャストが風邪をひくと困るからな……
入るがいい。
晶
ありがとー!
ケイ
ケイ
…………………
ケイが目に止まったのは……
晶の透けた服を見ていた。
ケイ
ケイ
上着冷たくないのか?
晶
何ー?ケイ、勃ったちゃった?
ケイ
ケイ
あぁ、そうだな。
晶の胸ぐらを掴んだ。
ケイ
ケイ
後で貴様がどうなっても俺の責任ではないからな。
晶
(あっ、やばい方行っちゃった?)
ケイ
ケイ
帰るぞ
晶
あ、うん。
帰り道・・・
晶
じゃあ、俺こっちだからありがとねー
手を振るとケイが腕を掴んだ。
ケイ
ケイ
こっちだ。
晶
えっ……どこに行くの??
ケイ
ケイ
俺の家だ。
ケイの家に到着。
ケイは晶をベッドに寝させた。
晶
ちょっ!ケイ!!どうしたんだよ!
ケイが晶の上着の中に手を入れた。
晶
あっ……ちょっ…ケ…イ…止め…て…/////
ケイ
ケイ
貴様から誘ってきて何を言ってるんだ?
晶
誘ったのは、ち…がう…
ケイ
ケイ
ハッキリ言ってみろ?ちゃんと受け止めてやる。
ケイは晶の首筋にキスをした。
晶
付けるな……!
ケイ
ケイ
後で洗い流せばいいだろ?
晶
お風呂借りていい?
ケイ
ケイ
構わないが今は駄目だ。
晶
なんで?!
ケイ
ケイ
取組中だ。
晶
風邪ひいたら困るって言ったのはお前だよ?!
ケイ
ケイ
そうだな。でも、安心しろ……
ケイは晶の耳元で囁いた。
ケイ
ケイ
俺の体温で暖めてやる。
ケイは晶のズボンを脱がした。
晶
ちょっと!ケイ?!
ケイ
ケイ
お楽しみはこれからだ。
これから先は、皆さんのご想像にお任せします!