無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

メノ真
真珠
真珠
メノウ!起きて!レッスンやるよ!
メノウ
メノウ
ん?あぁ、うん!分かった!
メノウは起き上がった
真珠
真珠
メノウそこで寝てて風邪ひかないの?
メノウ
メノウ
うん…なんか大丈夫なんだよねー
真珠
真珠
って言うか、レッスン始める時と休憩の時、全然雰囲気が違うよね?
メノウ
メノウ
あっ、それ皆から言われるんだよねー
そんなに雰囲気違うかな?
真珠
真珠
結構、違うと思うよ?
メノウ
メノウ
そんな、真珠は雰囲気変わらないの?
メノウは真珠の腕を腰に回し引き寄せ接吻をした。
真珠
真珠
う…めの……う……
メノウの舌が真珠の舌と絡まった。
真珠
真珠
ん……ふぁ…んっ……ん…
(息が……頭がクラクラする……)/////
チュッ
メノウ
メノウ
(かーわい)
メノウは唇を離した。その時、真珠とメノウの口から白い糸が引いた。
メノウ
メノウ
真珠も雰囲気変わってるよ?
真珠
真珠
っ………!!/////
メノウ
メノウ
それじゃあ、レッスン行こっか!
真珠
真珠
う、うん……
(び、びっくりしたー…)