無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

黒ミズ
ミズキ
ミズキ
なぁ、黒曜!!
黒曜
黒曜
なんだ?耳元で叫ぶな!
ミズキ
ミズキ
黒曜の衣装1回だけ着させてくれよ!
黒曜
黒曜
ぐしゃぐしゃにすんなよ?
黒曜はミズキに衣装を渡した。
数分後
ミズキ
ミズキ
どうよ?
黒曜
黒曜
おっ、似合うじゃねぇか
ミズキ
ミズキ
だっろ?俺、何でも着こなせるだろ?
黒曜
黒曜
ハハッそうかよ
黒曜はミズキの頭を撫でた。
ミズキ
ミズキ
うおっ…なんだよ?
黒曜
黒曜
いや、犬っぽいなーって
ミズキ
ミズキ
はぁ?!
馬鹿にすんなよ!黒曜!お前を抜いて、俺が黒曜の前に立ってやる!!
黒曜
黒曜
ハッ…いい度胸じゃねぇか…
抜けれるものなら抜いてみろ…
待ってるぞ…
黒曜はミズキの額にキスをした。
ミズキ
ミズキ
おう!待ってろよ!
ミズキは気合いが入ったように、レッスン室に入っていった。
黒曜
黒曜
(いつ、抜いて来れるか、楽しみだな)
フゥ
(煙草を吸っている)
ミズキ
ミズキ
(黒曜を抜いて、俺がすげぇって事を見せつけてやる!!)
(気合い満々なミズキくん)
2人のバトルは良い対決になりそうです!
( ^ω^ )