無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

リンミズ
Pの公演終了……
リンドウ
リンドウ
ミズキ
ミズキ
ミズキ
あ"ぁ?
リンドウ
リンドウ
僕のパホーマンスどうだった?
ミズキ
ミズキ
はぁ?知らねぇよ
リンドウ
リンドウ
素直じゃないね
ミズキ
ミズキ
っるせ!
リンドウ
リンドウ
感想だけ聞きたいだけ
ミズキ
ミズキ
チッ……良かったんじゃねぇの?
リンドウはミズキを抱きしめた。
ミズキ
ミズキ
ちょっ……おい!何すんだよ!!
リンドウ
リンドウ
やっと聞けた。
ミズキからの感想。
ミズキ
ミズキ
それが、どうしt
リンドウはミズキに接吻をした。
チュッ
ミズキ
ミズキ
ちょっ…はな……せ!……んっ!……はぁ…
リンドウ
リンドウ
可愛いね……
ミズキ
ミズキ
ふざけんな!
ミズキは走ってロッカー室に行った。
リンドウ
リンドウ
あっ……
_____リンドウ
リンドウ
リンドウ
(ミズキ……可愛かったな……
また、やってみよう)微笑む
_____ミズキ
ミズキ
ミズキ
(なんだよ……あいつ……ぜってぇ仕返ししてやる……)////