無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

快楽の庭で
ピンポーン
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
はーい...奥園さん
どうしたの?
私の家教えてたっけ...?
奥園 雅
奥園 雅
突然ですが、取引をしましょう!
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
え、ええ...
何のかしら
奥園 雅
奥園 雅
あなたくんは存じ上げてますよね?
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
っっ...
彼がどうしたっていうのよ
またあなた君なの...?
奥園 雅
奥園 雅
彼...英さんに捕まってるんですよね〜
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
つ、捕まってるってどういう事かしら?
デートとか..?
奥園さんはあの事を知らないはず...なら普通の対応で
奥園 雅
奥園 雅
察しが悪いですねぇ〜
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
まさかあなた...
奥園 雅
奥園 雅
尾野さんなら注射器をチラつかせたらだけで来たのにな〜
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
い、いやよっ!!
私は壊れたくないの!
尾野さん....チョロ過ぎるし…鹿沼さんは止めなかったの...?
奥園 雅
奥園 雅
キレーなカラダ....
おっぱいの形も整ってますし...ながーい神にツリ目...
調教しがいがありそうだな〜
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
帰って!
奥園 雅
奥園 雅
このまま帰ったら私がご褒美貰えないんですよぉ〜
英さんも奥園さんも尾野さんも狂ってるわ!
私は普通に、いい子にしてたいの!
奥園 雅
奥園 雅
まあいっか...
あなた君が殺されちゃうけど…☆
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
ころ...す..!?
そんなのバレたら!!
奥園 雅
奥園 雅
英家の財力で揉み消せないものはありませんよ
せいぜい高校生の数人なんか無力です
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
でも..イヤなの...私は..関係ないから..
奥園 雅
奥園 雅
うーん...
奥園がドアをこじ開けて無理やり家に入り、藤澤を押し倒した。
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
ひっ!!
奥園 雅
奥園 雅
じゃあ私が快楽を教えてあげますね?
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
やめてよっ...お母さんがいるの!!
蝶舞の母
大きな音したけど大丈夫〜?
キッチンから声がする
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
だ、大丈夫〜!
奥園 雅
奥園 雅
あらら..?
じゃあ早く決めて下さいね
付いてくるか、お母さんに変態だと思われるか
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
どっちも結果的には後者になるでしょ…
奥園 雅
奥園 雅
バレなきゃいいんですよ…?
蝶舞の母
誰が来てるの〜?
お母さんの足音が近づいてくる
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
っ...付いていくから立って
奥園 雅
奥園 雅
はいはーい♪
蝶舞の母
あら〜こんばんは〜
蝶舞のお友達かしら?
奥園 雅
奥園 雅
はい〜
今からお泊まり会をするんですけど、人数が足りなくて〜
借りちゃってもいいですか?
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
今からなの!?
蝶舞の母
蝶舞行ってきなさい〜
帰ってくる時は連絡ちょうだいね〜
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
え、うん...
奥園 雅
奥園 雅
ありがとうございます!
2人で家を出て、玄関のドアを閉めた途端。
私は驚愕した。
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
へぁっ...!?
黒服の男が十数名...恐らくは英家に雇われた人達か…
逃げられないように固めてあったというわけなのね....
奥園 雅
奥園 雅
いざとなればお母さんに刃物を向けようと思ってましたけど、良かったです♪
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
良いから早くしなさいよ…
奥園 雅
奥園 雅
その前に...お庭に行きましょう?
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
はぁ...?
奥園 雅
奥園 雅
カーテンは閉まってるのでバレませんよ
お母さんには
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
な、何するつもりなの...!?
奥園 雅
奥園 雅
ちょっと緊張を解すだけですよ〜
そう言われるがままに庭に来てしまった。
家の敷地を囲うように木が生えているので、他の家からは見えない。
奥園 雅
奥園 雅
脱いで下さい?
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
ぬっ..!?ここで!?
無理無理無理よ!
奥園 雅
奥園 雅
大声出したらお母さん気づいちゃうな〜
叫んじゃおっかな〜
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
やめて...
奥園 雅
奥園 雅
急に静かになったね〜
じゃ、脱いで?
家の庭で全裸になるなんて...しかも命令だし…
黒服の人達も真顔で見てるし...
奥園 雅
奥園 雅
やっぱいいスタイルしてるよね〜
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
早く..シてよね...
奥園 雅
奥園 雅
せっかちさんなんだから〜
そんなにシたかった?
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
ここでするのが嫌だから早く終わらせたいだけ...
奥園 雅
奥園 雅
分かってるよっ
急に近づいて体を密着させたかと思うと、秘部に手が伸びてきた。
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
んっ...
奥園 雅
奥園 雅
あれ...?あれれれれぇ..!?
秘部に伸びていた手が目の前に現れた。
奥園 雅
奥園 雅
濡れてるんじゃないのぉ?
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
見せないでよぉっ....
お恥ずかしく思わず目をつむった。
奥園 雅
奥園 雅
じゃ、もっと責めちゃうね…
目を瞑っている間に手は秘部で再び動き出した。
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
んんぁっ...!!
奥園 雅
奥園 雅
可愛い反応...♡
耳元で囁かれると、吐息が耳にかかって感じてしまう。
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
指っ....とめっ..!!
奥園 雅
奥園 雅
イくまではやめないよ
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
やだぁっ...!
ぶらんと下ろしていたはずの手はいつの間にか奥園さんにしがみついていた。
奥園 雅
奥園 雅
ほーら黒服のみんなが見てる前で、お母さんが居る前で気持ち良くなっちゃお?
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
見ないでぇっ...!!
奥園 雅
奥園 雅
ナカがキュンキュン締まってる♡
悦んじゃって〜
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
言わないでぇ!!
奥園 雅
奥園 雅
しー
静かにしないとバレちゃうよ?
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
んっ...くぅっん..♡
ヤバい...イッちゃう..かもぉっ!!
奥園 雅
奥園 雅
はいやめー
続きはあっちでね♡
指が抜けると同時に体の力も抜けた。
その場にへたりこんだ私を、黒服の1人がお姫様抱っこした。
藤澤 蝶舞
藤澤 蝶舞
はぁっ...別に..折れたんじゃない...からぁ
あなたくんの...ためだけ..だから
奥園 雅
奥園 雅
はいはい
言い訳はいいからさ〜