無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

水 色 の や ぎ ち ゃ ん



る ぅ と day



僕は好きな人がいる。

それは同じくらすの 僕よりもちょっと背が低くて、爽やかいけめんって感じの男の子。



“ ころちゃん ” に恋をしてしまいました。


叶わないってことはわかってる。

だけど好きになっちゃったんだ。
るぅと
はぁ。なんでだろ。


今日も隣には女の子に囲まれながらたのしそうにお話してる。


やっぱころちゃんは女の子の方が好き?



隣の席になってからちょっと気になり始めたの。


だんだんお話してくうちに好きになった…


ころん
るぅとくん~!
るぅと
なんですか?ころちゃん。
ころん
数学の教科書忘れちゃって…
一緒に見よ(´・ω・`)?
るぅと
全然いいですよぉ~!
ころん
‪ありゃと~⸜( ॑꒳ ॑ )⸝‬

ほら。可愛すぎる


そーゆーとこが可愛いんですよね。



ころちゃんの沼にはまったら抜け出せないんです。


たまに見せる可愛いところも

女の子に囲まれて照れてる所も

先生に怒られて悲しそうな所も


全部がすきなんです。




この気持ちいつ伝えられるかな。…








いや、短www



あと深夜投稿失礼します()





なう(2019/05/26 01:25:54)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ユ イ ☂︎*̣̩⋆̩*
ユ イ ☂︎*̣̩⋆̩*
ベ ー コ ン レ タ ス ( *¯ ꒳¯*)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る