無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

紅一点の世界には"音"がない
樹side



俺とあなたさんは付き合って3年めのカップルで、、一緒に住んでもいて、、










あれ、俺あなたさんといつ話したっけ、、
慎side





あなたさんは生まれつき音が聞こえなかったわけじゃない、樹さんと付き合ってしばらくしてくらいから徐々に音が聞こえなくなっていった













メンバーside(樹以外
俺達は薄々気づいてた

樹とあなた/さんが"倦怠期"という時期に入ったこと。




ねぇ、樹/さんいつまであなたさんを"孤独"という悲しみの世界にいさせてるの?




救い出さなければいけないのは俺達じゃなくて


























"樹"/さん、だよ、、