無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,928
2018/08/16

第3話

女の子の日 💙
今日は絶賛女の子の日。
お腹が痛くて腰が痛くてしかもいつもより情緒不安定だ。
あなた

このまま寝室から出て真司郎と話したら八つ当たりしちゃう…。

あなた

ああ。もうやだぁ。ぐすっぐすっ

真司郎
真司郎
あなたーーーー?寝てるー?開けるでー
あなた

ええっ⁈ちょっ…

〔ガチャっ〕
真司郎
真司郎
え⁈なに泣いとんねん!大丈夫か?
あ。女の子の日か。
あなた

なんで気づいて…

真司郎
真司郎
ずっっっっとあなたのこと見てるんやで?わかるに決まっとるやん。大好きな彼女やしな?
あなた

ぐすんっぐすんっ…しんじろーーー泣

〔ギュッ〕
真司郎
真司郎
十分甘えてな。お腹痛いやろさすったるわ。
あなた

うん…ありがと。大好きだよ。

真司郎
真司郎
んーもぅ!我慢できなくなるからそれ以上言わんといて。
あなた

好き好き好き。だーいすき。愛してる。

真司郎
真司郎
あ。デコピンの刑や。
あなた

いてっ。んーーーもぅ!すーき!

情緒不安定になるとめんどくさい私をいつも優しく相手してくれる真司郎には溺愛してる私です♡
〔コメント〕
終わり方が変ですね。
すみません。