無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

🐰
それからも水族館をたくさん楽しんだ。
もう何もかもが昔の事にしか思えなくて。


昔あった事とか話しながら歩いてた。
ジョングク
あ、カニで思い出したけど、2人で海行った時にあなたがカニ見て騒いでたよねㅋㅋ
あなた

もーカニ怖いんだもんㅋㅋ

ジョングク
今は怖くないの?ㅋㅋ
あなた

だって水槽の中だもんㅋㅋ

ジョングク
すごい小さいカニだったのに〜ㅋㅋ
あなた

大きさがどれぐらいであれ怖い!ㅋㅋ

ジョングク
あなたらしい〜ㅋㅋ子供みたいㅋㅋ











楽しく思い出話に浸る。








何かこんなに軽く言えちゃう事なんだね。
ジョングク
やっぱ振り返ると面白いㅋㅋ
あなた

そうだね!そろそろ帰る?

ジョングク
え?もういいの?
あなた

うん。充分グクと楽しめたもんㅋㅋ

ジョングク
そ、そっか///じゃあマネさん駐車場に車止めて待ってるはずだから行こ///
グクは私の手を引いて駐車場へ歩き出した_。