無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🌸
“キキーッ”


車が止まった。
マネ
ここですよねㅋㅋ
ジョングク
そうですよ〜ㅋㅋマネさんありがとうございました。ここだよ!あなた
そこは···水族館。





水族館は私がすごく好きな場所だった。


















昔グクとのデートにもよく来てたね···。
あなた

私が大好きな水族館だ〜♡

ジョングク
そうだよ、練習生時代よりもっとすごい水族館でしょㅋㅋ
あなた

そうだね!ありがとう♡

ジョングク
あなたって昔から水族館好きじゃん?僕覚えてたんだよ、ずっと
車のドアを開けるグク。



私もグクもアイドル。









ファンにバレてはいけない。

だからきちんとバレない変装をして水族館に入った。
あなた

わ〜すごい!イルカ♡

ジョングク
イルカホントに好きだよねㅋㅋ昔から変わってないㅋㅋ
あなた

変わってないのはグクもだよ〜ㅋㅋこういう事してくれたりする所とか

ジョングク
お互いずーっと昔のまま変わってないんだねㅋㅋ
あなた

だね!

ジョングク
てか変わりたくなかったかな(ボソッ)
あなた

ん?何か言った?

ジョングク
え?何も言ってないよ?ㅋㅋ
嘘。




本当はグクの言ってた事、はっきり聞こえてた。



聞こえてない振りしただけ。











私だってずっと変わりたくなかったんだよ?
あなた

楽しいねㅋㅋ

ジョングク
そうだね!あ、ペンギンだ〜
あなた

ペンギーン♡可愛い〜

ジョングク
ペンギンの赤ちゃんいるよ〜
あなた

可愛すぎる〜

ジョングク
わ、ジンベエザメ!おっきいね〜
あなた

ホントだ!おっきい♡

それからも色んな魚たちを見ては2人ではしゃいだ。


気付く人がいなかったからこそ、楽しめたのかもㅋㅋ



そしてクラゲを見に行こうとして廊下を歩いてる。












そして今、私はふと思った。
グク&you
グク&you
何か付き合ってた頃みたい
ジョングク
え?
あなた

え?

私たちはお互い顔を見合わせる。
グク&you
グク&you
同じ事···思ってたんだねㅋㅋ
2人で小さく笑った。



ファンにバレないように。
静かに_。