無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🌸
後ろを向くと、そこにはグク。
ジョングク
ねぇ
やばッ。
あなた

何···ですか?

ジョングク
久しぶり。何で敬語なの?
あなた

何となくです

ジョングク
昔みたいにタメで話して、お願い
あなた

分かった

ジョングク
元気にしてる?
あなた

うん

ジョングク
そっか。彼氏···とかいる?
あなた

あれからいない

ジョングク
まじ!?じゃなくて···!そっか。僕もいない。あ、ねぇ
あなた

うん、え?何?

ジョングク
カトク交換しよ
あなた

いいよ

ジョングク
楽屋おいで
あなた

分かった

ジョングク
やった!行こう?
私はいつの間にかグクと手を繋いでBTSの楽屋に来ていた。
あなた

失礼します

楽屋に入るとBTSの皆は歓迎してくれた。
ジン
やっほー
ユンギ
ちわっす
ホソク
ほびほび♡
ナム
僕ナムジュンです
ジミン
やっほ!
テテ
可愛い〜♡
ジョングク
ヒョンたち変な目で見ないでください
グクは一言だけ言うと、スマホを持って私とカトクを交換した。
ジョングク
これでいいッ✨じゃあ連絡するね!楽屋まで送ってくよ
あなた

ㅋㅋありがとう!

私はグクに楽屋まで送ってもらった。
ジョングク
じゃあね、絶対カカオするから!
あなた

分かった、待ってるねㅋㅋ

ジョングク
ばいばい!
そう言ってグクは楽屋に帰って行った。