無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🌸
(あなた目線戻ります)
私···グクと話せた。

カトクも交換できた。



意外と違和感はないかな。





このままだったら友達の時みたいに自然になれるよね。
エンナン
ねぇ、あなたってば〜
アロン
聞いてる?
チェア
さっきからボーッとしてるよ?
ウンス
疲れてるの?
私はボーッとしてて全くメンバーの話を聞いてなかった。
あなた

え、何、どうしたのオンニ?

慌てて聞き返す。
NEONGIRLS
さっきBTSのジョングクと居たけどどうして〜って聞いてるのㅋㅋ
あーやっぱそこは突いてくるよね。


答えるしかないや!

オンニたちにも相談したいし。
あなた

あ、グクはね···実は私の元ナムチンなんです

すると急変するオンニの顔。
チェア
振ったの!?ジョングクを!?
あなた

その時私、政略結婚させられる予定があったから振るしかなかったんです。でもその後、婚約相手が彼女と駆け落ちしちゃったので婚約破棄になって別れた意味がなくなったと···

アロン
そうなの!?で、カトクは交換した?
あなた

しましたよ?

エンナン
おー!その調子♡より戻しちゃいなよ
あなた

無理ですよ〜

ウンス
何で?
あなた

向こうはきっと好きな人がいます

NEONGIRLS
居るわけないでしょ!
オンニ、ハモってるㅋㅋ

しかもそんな訳ないって···。



向こうはあのイケメンだよ?
あなた

いますよ、きっと

チェア
カトク交換誘って来たぐらいだよ!?
アロン
通常の人なら気まずくて逃げるもん
エンナン
番組中もずっとあなたの事見てたし
ウンス
絶対に行けるよ!
あなた

でも···

NEONGIRLS
私たちが力になるから✨
私、より戻したいって言ってないけど···ㅋㅋ



まぁいいや、うん✳
あなた

オンニありがとう、私頑張るね

NEONGIRLS
よし、作戦会議だ〜ㅋㅋ
力強いオンニがいて助かる···。