無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🌸
ようやくBTS宅に着いた。
あなた

おじゃまします~

ジョングク
そんなかしこまらなくても大丈夫だよ
あなた

うん、ありがとう

ジョングク
ヒョンたち多分出てくるから
その言葉通り、すぐにドタバタと足音が聞こえ···。
ジン
あなたちゃんいらっしゃい!
ユンギ
そんな荷物持ってお泊まりか?
ホソク
ねぇ、早くあがってきて遊ぼうよ
ナム
僕も遊びたいかな〜。何かしたい
ジミン
僕も遊ぶ〜。早くあがってきて!
テテ
ゲームは?ゲーム得意でしょ?ㅋㅋ
一気にやってくるオッパたち。
ジョングク
ヒョン、あなたは何人も居ないんですからわがまま言わないでください
グク不機嫌なのかな??


私のせい···。
全員
でも遊びたいんだもぉん
ジョングク
じゃあ僕の部屋に連れて行きます
グクは『行こう』とだけ言って、私を部屋に連れ込んだ。
あなた

グク?

ジョングク
ごめんあなた
あなた

え?

ジョングク
やっぱり我慢できない
私に優しくキスするグク。




もっと好きになっちゃうよ···。
ジョングク
僕やっぱりあなたが好き
あなた

ッ···わ···たしも!

ジョングク
ホントに!?
あなた

うん!

ジョングク
いいの?やったー♡
あなた

別れた事ずっと後悔してた···

ジョングク
僕も早く原因に気づけばよかった。でももういい。2人で一生居られるから
私とグクはまた、口付けを交わした···。