無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🌸
BTS宅に着きました。
あなた

私ご飯作りましょうか?

すると皆目を輝かせますㅋㅋ
全員
頼む···ㅋㅋ
あなた

じゃあオンニ手伝ってくださ〜い

って言ってもオンニたち料理苦手なんだっけ···。
チェア
できる事なら手伝う!ㅋㅋ
ウンス
あんまりできないけど···
エンナン
まぁ頑張ってあなたから学ぼ〜
アロン
うん、そうしよㅋㅋ
ってオンニたちに手伝ってもらう事に。


お料理がうまく出来上がるように〜ㅋㅋ
ジョングク
僕手伝うよ!
私の横に出てきて言うグク。






いやーグクが隣って///
ジミン
ずるー!僕もする
テテ
僕もするする!したい〜
ヒョンライン
おい、僕/俺らにもさせろ〜♡
何か口調に合わない甘い声で現れるヒョンライン。




これじゃあ皆手伝ってくれてて私がする事ないよㅋㅋ
アロン
あ!じゃああなたが私たちに指示出したり、やり方教えてよ!そしたらそれするからㅋㅋあなたは先生だよㅋㅋ
ウンス
この中で一番の最年少が先生って面白いねㅋㅋ
全員
賛成〜
って事で先生になっちゃいましたが···ㅋㅋ
あなた

あ、チェアオンニ火消さなきゃㅋㅋ

チェア
うわーㅋㅋ
あなた

ジミンオッパ怪我しちゃうよ〜!

ジミン
嫌だぁ〜あなた〜!
あなた

ウンスオンニそれ切ってね〜

ウンス
わかったー(✿˘艸˘✿)
あなた

テヒョンオッパそれ頼むね

テテ
いいよ〜♡
何か皆楽しんでるけど先生疲れるよㅋㅋ






時間かけてやっとできた✨
あなた

じゃあ食べましょ〜

全員
いただきまーす♡
皆美味しそうに食べてますねㅋㅋ
ジョングク
上手にできたね〜あなた
ジョングク氏普通に話しかけてくるやん///
あなた

そ、そうだね///

いやこれは照れるよねㅋㅋ
オンニはニヤニヤしててオッパは不機嫌そうですが···。


何があったのかが分からない···ㅋㅋ