無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🐰
やっと準備が終わってホッとした頃。
“ピンポーン”
家のベルが鳴る。





グクだ。
“ガチャッ”
ドアを開けるとやっぱりグク。
ジョングク
来たよ〜ってオシャレ///
あなた

そうかな?

ジョングク
普段もすごいオシャレだけど今日すごいㅋㅋ
あなた

そんなに?ㅋㅋ嬉しいありがと(ニコッ)

ジョングク
ッ、じゃあ行こっか///
あなた

そうだね!

ジョングク
今日は行く所考えてあるんだ♡
グクはすごく楽しそうに笑ってる。




私ももちろんすごく楽しい。













今2人でこうして居られるだけでもね。
ジョングク
はい、車先乗って?
あなた

うんッ

私が乗ってその後に続いてグクも乗った。
ジョングク
マネさんお願いしまーす
マネ
はい!あそこですよね?
ジョングク
そうですよ〜ㅋㅋ
あなた

え?あそこってどこ?

ジョングク
まだあなたには内緒だよ〜ㅋㅋ
あなた

わー楽しみ♡

ジョングク
楽しみにしててねㅋㅋ
私たちを乗せた車は動き出した。