無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🐰
さて、夜ご飯食べ終わりました。
NEONGIRLS
じゃあ帰りますね〜
って荷物をまとめる。
BTS
寂しいからまたすぐ呼ぶね
BTSの皆はそう言ってるㅋㅋ
BTS
あ!あなたちゃんカトク交換しよ!
o(゚◇゚o)ホエ?
あなた

私ですか?

BTS
それ以外にあなたちゃん居ないでしょㅋㅋ
あなた

ですねㅋㅋいいですよ!

カトク交換しちゃった〜(○*^▽^*○)
あなた

オンニたちはしないんですか?

ウンス
遠慮しとくよ!ㅋㅋ
そう言って顔の前で思いっきり手を降る。





どーして私だけなんだ!?!?
ジョングク
ヒョン、用無くなったならあなたから離れてください!じゃあねあなた〜。カトクするから♡
グクがオッパたちを後ろに引っ張った。
NEONGIRLS
じゃあ帰りますね、ありがとうございました
BTS
近い内にまた来てもらうからねㅋㅋ
それだけの会話を終らせて私たちはBTSの家を出た。

窓から車に乗るのを覗く人影が見える。



それからその人影は私たちに手を振ってきた。






オッパたちって何か可愛いㅋㅋ







私たちも笑って手を振り返して誰にも見つからないように素早く車に乗った。
アロン
ジョングクオッパと上手く行ってたじゃん
エンナン
ジョングクオッパめっちゃあなた見てたよ
チェア
やっぱりまだ好きなんだよ♡
ウンス
頑張らなきゃね〜
あなた

やーオンニやめてください///

車の中でめっちゃはしゃいでるㅋㅋ
それからは恋バナで盛り上がり中。
あなた

オンニたちの好きな人は誰なんですか?

ウンス
私はワナワンのジソン///
アロン
私はGOT7のジニョン♡
エンナン
偶然!私GOT7のベンベン///
チェア
EXOのセフン///
おーわ。皆見事にバラバラㅋㅋ
あなた

じゃあ私もオンニたちの恋応援します♡

全員
ごめんあなた私たちもう付き合ってる
あなた

Σ(〇Д〇)

嘘!オンニたち皆そんな有名な人と付き合ってたの!?

しーらーなーかったー!