無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

七話
男の子
本当にボクと遊んでくれるの?
もちろんだよ。
だってそれ以外の選択肢がないからね
男の子
やったあ!
 少年はガッツポーズをして、ひまわりのような明るい笑顔になる。けれど僕は毛頭もうとう遊ぶ気はない。
(代償を払えるならこれでいいんだ)





 
 しかしこの考えが甘かった。

 この少年から逃げておけば……いやこの神社に来なければよかったと、後で後悔することになったのは言うまでもない。