無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

エピローグ
モブ女2
モブ女2
そういえば、ずっと健太くん学校に来てないね
モブ女1
モブ女1
ほんとだね。どうしたんだろう?
友達
友達
なんか最近、俺の誘いをずっと断るんだぜ。違う誰かと約束してるからとか言ってさ。

バチが当たったんだろうよ
モブ女1
モブ女1
え?それ本当?
 背の低い女の子がその事実を聞いて、目を見開いた。
友達
友達
うん、本当さ
モブ女1
モブ女1
なるほど……。

もしかすると、旭岡神社に行ったのかもしれないわね
モブ女2
モブ女2
その神社って確か「忘れ花」が咲きやすい場所だったわよね?
モブ女1
モブ女1
うん。
モブ女1
モブ女1
たぶん健太くんは、「忘れ花」をずっと昔から管理している少年に捕まったんだと思う。
モブ女1
モブ女1
あの花はたしかに記憶を忘れることができるけど、それに似合った代償も払わなければいけない。
モブ女1
モブ女1
ただどちらの代償を選んだとしても、死が訪れると言われているわ
モブ女2
モブ女2
ということは、まさか健太くんは……
モブ女1
モブ女1
たぶん飢えて死んでるんじゃないかな?
友達
友達
だったらその少年は、どうしてそんなことをするんだ?
モブ女1
モブ女1
あの少年はね、誰からも好かれたことがないまま死んだのよ。
モブ女1
モブ女1
愛が重すぎて離れていく子が多いらしいし、友達だと思っていた子にはいじめを受けていたらしいよ
友達
友達
なるほど。
それで一緒に遊んでくれた健太が好きになって、閉じ込めたってことか
モブ女1
モブ女1
うん、そういうこと
 こんな会話をしていると、次の授業を知らせる予鈴のチャイムが鳴った。
モブ女2
モブ女2
もう少しで授業始まるけど、一つ聞いていい?
モブ女1
モブ女1
ん?何?
モブ女2
モブ女2
なんで百合ゆりちゃんは、そんなに「忘れ花」とその少年について詳しいの?
 百合は口をつぐんで言いにくそうにしていたが、事実を教える決意がついたのか驚きの情報を二人に教えた。
モブ女1
モブ女1
だって私も被害者だから分かるんだ
モブ女2
モブ女2
被害者ってことはまさか……
モブ女1
モブ女1
そのまさかよ。
私こう見えて死んでるんだ




 この事実を教えてから、ユリは学校に来なくなった。そして周りにいる人も、彼女の存在を誰一人覚えていないという。