無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Prolog
完全な一目惚れだった。
笑顔も、泣き顔も全部愛おしいと思えた。



『その反応期待してもいい?』

『君も俺の事好きでしょ?』
俺が俺じゃないみたいだ。