無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

距離__

シルク side


『『 礼 !ありがとうございました !! 』』


授業が全部終わり 、今から帰るところ 。


みんなに言わないと 、、
シルク
シルク
モトキ !ンダホ !今からマサイ迎えに行ってくる!!
ンダホ
ンダホ
おっけい 、門にいるわ 〜













マサイ
マサイ
はい 、ついた
今はみんな集まり 、駅前のカフェに

いる 。


俺らが カフェってなんか違和感 笑
モトキ
モトキ
あなたちゃんに会えるかな??
ンダホ
ンダホ
いたらいいよね
店員 「いらっしゃいませ 〜 4名様案内しま〜す」
ンダホ
ンダホ
俺 パンケーキ食いたい
シルク
シルク
お前 笑笑
マサイ
マサイ
なぁ、
どした? マサイ
マサイ
マサイ
あれ あなたじゃね?


マサイ が見てる方向に目を向ける 。
あ ...


いつもはおろしてるふわふわの髪の毛を


縛ってて 、


くりくりおっきな目 。


少し小型でちょこちょこ動き 。


絶対 あなたちゃん ...


いつもと雰囲気が全然違うからの


吸い込まれそう 。
モトキ
モトキ
シルク ほんとに大好きなんだね 笑笑
え?
モトキ
モトキ
めっちゃ見てるあなたちゃんの事
シルク
シルク
お 、おぅ///
ンダホ
ンダホ
すいませ 〜 ん!!
ン 、ンダホ ッ !!


こっちに来るじゃん ..


俺 どうやっていれば ..
あなた

ご注文はお決まりですか??
あ ッ ... マサくん !と ..

マサイ
マサイ
俺の友達 !連れてきちゃった 笑
シルク
シルク
あ ッ .....
思わず見てしまって目があった 。


やばい 、ほんとに可愛い 。
あなた

嬉しいよ !!
シルクくん マサくんとお友達だったんですね!あの 今朝はありがとうございました 💦💦

シルク
シルク
い  、いえいえ !
あなた

こんなところで申し訳ないんですが 今度お礼として何かさせてくれませんか??

シルク
シルク
へ ッ ...?
何か お礼 ??


俺に ?


そんな事 ..
ンダホ
ンダホ
お 、いいんじゃない?
でも .. ただくまのストラップ 渡しただけだし


そんなお礼なんて ...
モトキ
モトキ
あなたちゃん 、コイツ とお礼として今度 お出かけに行ってあげて??
あなた

お出かけ.. ですか ...

ほら .. 焦ってるような気がするよ .. ?


ダメだよそんな事 .. 。
あなた

いいですね!!

は?
あなた

バイトが終わったら色々決めたいので連絡先聞いてもいいですか??

首をコテン ッ と横に曲げて


聞いてくるあなたちゃん 。


ちょっと動いただけでも可愛い 。


というか連絡先 .... まじかよ /
シルク
シルク
う 、うん 交換しよっか /
そう言ってスマホを見せ合う 。


やばい 心臓破裂しそう 。


一年前の俺に伝えてあげてぇよ ...


"距離が縮まりそう"って____

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍓りあのすけ🏀
🍓りあのすけ🏀
のんびり皆さんが楽しめるような 小説を書いていきたいと思います💕 『関わりたくなかったのに__』 🎀デイリー総合ランキング36位突破っ🎉🎉 ほんとうにありがとうございます💕💕 like💕 ↪︎ YouTube ↪︎ フィッシャーズ🐟 シルク推し ↪︎嵐❤️翔くん推し ↪︎ Hey!Say!JUMP🌹やまだ推し ↪︎ じゃがりこ、ミルクティー 気があう人は声かけてくれると 嬉しいです😊💕 ※ のんびり亀さん更新です ..🐢 ※ 時間かけて書いているので マネされると悲しいです .. ※ 内容があまりにも似ている作品を見かけましたら声かけてくれると嬉しいです 😅
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る