無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,525
2021/12/23

第139話

ドロドロ
相澤 side



昼休憩。 元生徒が来て会話をしていた。



途中からマイクがやってきて 「爆豪と血吸って付き合ってんだよなぁァ?」




その一言に、ギョッとする。え、そうなの?



どうやら爆豪は学生ん時。もしかしたら高校前から好きだったとの話。



よく喧嘩はしていたけど、いいライバルでいい友達だと俺の中では完結させていた関係性。



マイクの言葉を聞いてから俺の心にはどす黒い何かが流れ出した。



どう言った感情なのか、わからない。


何を聞いて、何を思って、今俺がどう思っているのか。


いや、分からないんじゃない。 分かろうとしてないんだ。


その感情を俺には前にもきっと体験したことがあるはずなのに。


名前をつけていないだけなんだ。 つけたくないんだ。 気づきたくないこの感情。



蓋を閉めた。
まいくぅ!
イレイザー!!! そーいえばあいつ今日誕生日らしいぜ?
あいざーせんせー
あいつって…誰だよ
まいくぅ!
あぁ、sorrysorry 血吸だぜ!!!
あいざーせんせー
…ふーん。あいつね

なんだ、いえばよかったのに。誕生日に警備か。無理してくること無かったんだけど。




あぁ見えてあいつは多分断るのが苦手なんだろう。


俺が見ているあいつだと断った姿はそんなにない。


どんなに血吸のことを思い出しても 「うん!やるやる!」 「おっけー!」と言った姿だ



もっとはやく言ってくれればプレゼント送れたんだけどな。




まぁ、きっとあいつらの事だ。帰りにも顔出すだろう。




その時までにはプレゼント用意しないとな