無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

お嬢様はHiHiのお姫様
前のチャプターへ戻る

第12話

♯なにわ?知らん
あなたside























《nnnnなにわ男子になって忙しい…ですか?》



恭平〈まあまあ仕事ももらえて、〉



《なんか、鏡ばっか見てるらしいけど、その、自分がカッコイ…とか思ってるの?》





よっしゃ!言った!

かっこいいって言えた!!!!!








蒼弥「今のは、ダメですね、はい」



「「爆笑」」



大吾「めっちゃ早口やったしな 笑」







恭平〈世界一かっこいいのは俺なんで〉



《ァ、ソウデスカ…》



恭平〈でも、まあジャニーズ1可愛いのは
おおおおおおおおおおおお…〉








健杜「まえ!まえ!おまえやって!いけ!」



駿佑「めっちゃ興奮しとるやん」



丈一郎「恭平っ、顔っ ヤバいでっ 笑」



大吾「卍いけぇぇぇぇ!!!!!」












恭平〈ぉぉぉぉ大西流星!〉



《あー、分かる》














「「「はあああああああ!?」」」



和也「ほうほっほやっはほひ!もうちょっとやったのに!



丈一郎「プリン食べながら言うなや 笑」



涼「いやあなただよね」



蒼弥「卍は何を言ってるんだろう」



流星「僕はどうゆう反応をすれば、…」









《その〜、キョロ…はアホ…》



恭平〈アホで何が悪いん?〉



《うわ》



恭平〈そういう、きょきょきょきょきょ…〉











健杜「頑張れぇぇぇぇ!!!!!」












恭平〈キョモ、…はどうなん!?焦〉



《私めっちゃ頭いいもん》



恭平〈そか…。。〉





沈黙










「「「爆笑」」」



優斗「やばっ、笑笑 面白いんだけろ!!!」



大吾「まあ、どっちもニックネームで呼べたな 笑」



丈一郎「あなたの〝カッコイ〟はダメやな 笑」



駿佑「恭平もあなたちゃんには可愛いって言ってませんからね、」



瑞稀「じゃあ結局1個ずつしかクリアしてないじゃん 笑」



龍斗「もう1回戻ってきてもらおう 笑」



蒼弥「そうだな 笑」























HiHi Jets





『汗ヤバい』



涼「あなたさぁ、言っておくけど、きょろって言うことしかクリアしてないからね?」



『え!?いや、かっこいいって言ったよ!』



蒼弥「かっこいいの使い方も違うし、めっちゃ早口で、誤魔化してる感半端なかったよ 笑」



『え、嘘…』



瑞稀「あなた、頑張って♪」



優斗「でも考えたのこいつなんだな 笑」






















なにわ男子







恭平「ヤバいヤバいヤバいヤバい」



大吾「卍、1個しかクリアしてへんで」



恭平「え?2つっすよ」



駿佑「だって可愛いって言ったの流星君やん」



健杜「あなたちゃんには言ってへんから」



恭平「嘘やん…まじ卍なんやけど…」



和也「ほーへーはんはひーは恭平頑張りいや



丈一郎「だからプリン食べながら言うな、って、プリンどんだけあんねん!」



恭平「恭平、マンマミーア?」



和也「ちゃうわ!笑」



































え〜、結構いい所まで行ったのにね


ねー







こんな長くやってるけど



10分ぐらいになっちゃうんだよね






悲しい





私の頑張りは、どこへ…



行ってきます…










蒼弥「そんなとぼとぼ歩かないでくださーい」



『はい』






「「「爆笑笑笑」」」







「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡