無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

お嬢様はHiHiのお姫様
前のチャプターへ戻る

第11話

♯なにわ?知らん
あなたside










「「『どうも!HiHi Jets、と!?』」」



「「「なにわ男子で〜す!!!」」」














シュ、ポッ ←




















『えー、こんかいはおおさかからすてきなげすとがきてますねなにわだんしのみなさんですよろしくおねがいしまーす』



丈一郎「めっちゃ棒読み 笑」



『カンペまる読みなんてしてないよ』



大吾「普通に言った 笑」









涼「えっとですね、今日はリクエストに答えます!」



『なにわ男子とじゃんけん大会〜!!!』



謙杜「違います 笑」



『なにわ男子とあっち向いてホイ!!』



駿佑「違いますって 笑」



『なにわ男子t…』





蒼弥「皆さんおまたせしました…

きょもきょへサシトーク!!!!!」



「「「いえーい!!!!!」」」





『ワタシノミョウジ サカモト』



恭平「オレノナマエ マンジ」





優斗「えー、今回はこの不仲のきょもきょへコンビを二人っきりにします!」



蒼弥「そうと決まれば早くしましょ」





和也「プリンって置いてあるんかな、」



大吾「あるわけないやろ 笑」



龍斗「ぁ、そっちに…」



大吾「あるんや!!!笑」










なんか、すっごい無視されてる


悲しい




無視されてるよ、悲しい

















優斗「じゃあ、我々はこっちで見てるんで」



『ぁ、はい、』










優斗「それでは、!サシトーク…」



「「「スタート!!!!!」」」



流星「まいジャニみたいな始まりやな 笑」


















>>>>ここから会話のみです











《(ペコ》



恭平〈(ペコ〉



《…》



恭平〈…〉










《この椅子座り心地いい…》







「「「爆笑」」」






恭平〈言われてみれば…〉





「「「爆笑」」」







《なんか、久しぶりですね》



恭平〈…そうっすね〉



《なにわ男子、ね。メンカラは…》



恭平〈紫〉



《紫ね〜、うん、うん…》






沈黙






「「「爆笑爆笑爆笑」」」









恭平〈髪〜、伸びました?〉



《ぁ、伸びてません、この前切りました…ね…》



恭平〈ぁ、〉







「「「爆笑爆笑爆笑ヒイ」」」








《相変わらずナルシストらしいですね》



恭平〈年中無休のナルシストっす〉



《へぇぇ…》
























大吾「話全然進まれへん!!!!!笑」



優斗「SixTONESさんみたいにお題をあげよう!」



蒼弥「1回終わり〜」



































HiHi Jets




『なにあの重い空気…』



龍斗「こっちも感じた 笑」



蒼弥「じゃあ、お題は〜」



『うああ、何も考えないやつ来たよ』



蒼弥「え?」



『なんでもない』



蒼弥「お題は、
1,キョロと呼ぶ
2,〝かっこいい〟と言う
3,ボディータッチ」



『ハードルたっか!!!!!』



瑞稀「あなたならできるよ、頑張れ♪」



涼「って言ってるけど、お題考えたのこいつなんだよ 笑」














なにわ男子




恭平「シンプルに辛いっす!」



大吾「空気感やばかったもんな 笑」



流星「お題決まったで!」



丈一郎「何?」



和也「めっちゃ気になるんやけど」



健杜「お題は、
1,きょも と呼ぶ
2,〝可愛い〟と言う
3,一緒に卍ポーズしてもらう」



恭平「ぁ、無理や終わった」



駿佑「終わったらあかんよ!笑」



流星「とりあえず頑張ってみいや!」
























そして、2人の



サシトークは再開されたのだった







「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡