無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

♯あの日
大我side









ジェシー「バーン!テテレテレテレ…」



慎太郎「バーン!ウェルカムトゥーザジャンゴ〜!」


(Jungle/SixTONES参照)笑




優吾「ぅ…Zzz」



樹「コーチ寝ないで〜、俺寝るから〜」←



北斗「俺も寝たい」







平和だな、笑


ぁ、SixTONESの京本です!





今、楽屋でのんびり(?)タイム


うるさい人 2人いるけど 笑






慎太郎「きょももやろうよ!」



『いや、遠慮しとくわ笑』



樹「坊ちゃんにそんな事させちゃダメ」



ジェシー「じゃあ、きょもほくでやればいi…」



樹「きょも!北斗!やって!」



北斗「やんねーよ!」



優吾「ねえ、誰か来るよ。足音めっちゃうるさい。」



北斗「そんな笑 来るわけ《バーン!》来た。」





マジで来たのには驚いたけど


なんで優斗が。?



しかも、走って来たっぽい。









優斗「ハア、ハア、大我君っ、来てください!」



『んぇ?俺?』



優斗「男の人っ、あなたっ、倒れてっ、」



北斗「何言ってるか分かんねえけど、あなたが倒れた、って。!」



『倒れた!?』



優斗「とにかくっ!来てください!」








どういう状況なのか全く分からないけど、


あなたが倒れたって…




あなた…どうしたんだろう。。









そう思いながら俺たちは


HiHi Jetsのレッスン室へ走り出した







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

卍 ば す け っ と 🏀💧
卍 ば す け っ と 🏀💧
お ー ぷ ん 🏀 ⬇ ジ ャ ニ ー さ ん あ り が と う 絡 み た い 方 は 作 者 の 部 屋 へ ♛︎ た だ た だ 卍 君 が 好 き な だ け . ♛︎ お 気 に 入 り 1 0 0 0 ! ほ ん と 感 謝 ! な つ き ♡ 大 好 き だ よ ぅっ ( 私 も 愛 が と ま ら ん よ ) ▼ ▼ ▼ れ ~ なつ。💧🏀 ち ゃ ん の 小 説 読 ま な い と ダ メ よ っ! マ ジ で め ち ゃ ん こ 面 白 い か ら! user/b252fe+ ( 現 垢 ) user/602449+ ( 移 行 前 ) 〜 尊 敬 さ ん 〜 ♯ 💧 (うふふ) ♯ 🍼︎ 💕︎ ♯ 👑💣 ♯ 👑 🥀 ♯ 👑👠 ♯🍌 💖 ♯ ❥.🍌 ♯ 🌻 🌈 ♯ 🐙 🌠 ♯🍀💞👑 ♯ 💗🎷 ♯ 🦉🍀🦅 ♯ 🍑♡ ♯ 👑-🥀💣 な ど な ど 沢 山 で す 〜 ふ ぁ ん ま & ふ ぁ ん ね 〜 🏀 & ば す け っ と フ ォ ロ ワ ー さ ん 大 好 き ♡ 沢 山 絡 も ー ね 絡 ん で く れ る 子 は 拒 ま な い か ら コ メ ン ト し て 、 ? く ろ ー ず 🏀 ⬆
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る