無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

474
2020/11/03

第3話

𝑡ℎ𝑟𝑒𝑒
You.
You.
あれ?北人は?
ふと、北人の姿がないことに気がついた
先に下降りてったよね??

お母さん
お母さん
北ちゃんならシャワー浴びに行ったわよ


時間ギリギリなのに何してんの??


北人
北人
おばさん、シャワーありがとうございました




洗面所からでてきた北人は妙に色っぽくて、、
不覚にも胸がドキッと鳴った。



北人
北人
あれ?あなた顔赤いよ〜?
You.
You.
う、うるさい!赤くないもん!




北人がカッコイイからでしょ!
別に好きでもないのに赤くなるなんて、、
それになんだか悔しくてイヤ



You.
You.
ごちそうさま!
急いでごはんを食べて部屋に戻り髪をアレンジする
昔から髪をアレンジするのが大好き
今日は横でお団子しよっと
よしできたっ!
You.
You.
準備できたよ
北人
北人
やっとかよ
1階に降りるとソファに座っていた北人が面倒くさそうに顔を上げ、私を見た。

…え、なに?

北人が私を見たまま動かない
You.
You.
北人、、?
北人
北人
…髪、下ろせよ
You.
You.
へ?
北人はそう言うと私に近づき髪をクシャクシャっとした
You.
You.
あぁーー!!何すんのー!
せっかくアレンジしたのに
北人のせいで髪はぐしゃぐしゃ
北人
北人
バーカ。そのままにしてろよ
北斗はいじわるそうに笑うと、玄関に向かっていった
北人のバカヤロー!
結局時間がなくて髪を下ろしたまま家を出た