無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

472
2020/11/04

第13話

𝑡ℎ𝑖𝑟𝑡𝑒𝑒𝑛
北人side
あなたのストーカー事件から、早くも4日

小松は俺の言葉が効いたのか、一切あなたに近づかなくなった

だけど、平和な毎日が戻ったかと思いきや……
翔吾
翔吾
あなたちゃん!今日遊ぼー!
You.
You.
翔吾くん…あの、えと…


……最近、翔吾がやたらあなたにちょっかいを出す

それを見て、なぜかイライラする俺

翔吾は俺とあなたが幼なじみだってこと知らないから、余計にイラつく
壱馬
壱馬
なーに怖い顔してんの、北人
北人
北人
壱馬
壱馬
壱馬
ほいよ、コーヒー牛乳
壱馬は自分もコーヒー牛乳を飲みながら、俺に開いていない方を渡した

最近、放課後になるとコーヒー牛乳を飲むのが日課になっている俺たち

放課後なら、いつも周りで騒いでいる女たちは遊びの誘いを断ればいなくなるから、ゆっくり出来るんだ

なのに、その放課後が翔吾のせいで台無しだ
壱馬
壱馬
お前もなに睨んでんだよ、百合
百合
百合
べっつにー。気に食わないだけ
壱馬の問いかけに百合はフンっと腕を組んでそっぽを向いた
壱馬
壱馬
そんなに翔吾とあなたが話すの嫌なの?
壱馬はまた俺に問いかける
北人
北人
べつに。イライラするだけ
壱馬
壱馬
それを嫌だっつーんだよ。
北人さ、あなたのこと好きだろ
……は?
北人
北人
なんで
壱馬
壱馬
だって、嫉妬丸出しじゃん
嫉妬?俺が?
壱馬
壱馬
何があったか知らねぇけど、北人、そりゃ恋だな
俺があなたを好き?
北人
北人
ありえねー
だって俺……
壱馬
壱馬
麗華が好きだったからか?
北人
北人
……っ!?
壱馬のセリフに、俺は言葉を失う

俺が今心の中で思っていたことだったから
壱馬
壱馬
もう昔のことだろ?お前は麗華じゃなくて、
あなたを好きになったんだよ
イラついてんのがその証拠だろ?
いや、俺はまだ麗華が……
翔吾
翔吾
ねっ!あなたちゃん、今からカラオケ行こ!
また、翔吾の声が聞こえてきた

ちっ、なんでこんなにイライラすんだよ、
壱馬
壱馬
北人いいのか?早くしないとあなた、翔吾に連れていかれんぞ?
……あぁーーーーもうっ!

俺は席を立った
北人
北人
あなた、帰るぞ!
You.
You.
え、え、ちょ、北人!?
あなたの腕を掴んで、教室から出た
翔吾
翔吾
あっ!北人何すんだよー!
俺があなたちゃんと遊ぶ予定だったのに〜!
知るかっ!なんかムカつくんだよ!
You.
You.
ねぇ、北人
あー、ムカつく……
You.
You.
北人っ
なんでこんなイラつかなきゃなんねーんだよ

おれ、おかしくなったんじゃねぇの
You.
You.
ねぇっ!北人ってばっ!
北人
北人
……!…あ、なに?
やべー、あなたに呼ばれてたの気づかなかった

さっき教室を出たと思っていたのに、
いつの間にかもう靴箱のところまで来ている
You.
You.
どうしたの?いつもの北人じゃないよ?
なんかあった?
そう言いながら、俺の顔を覗き込むあなたが可愛いと思ってしまう

なんかあったか、だって?

ありましたよ、お前のことでな
You.
You.
北人?
北人
北人
なに?
You.
You.
手、掴まれたまま…なんだけど…
あ、
北人
北人
……嫌なの?
ちょっと意地悪してみる
You.
You.
や、やじゃ…ない……//
北人
北人
…っ!//
なっ、なんつー顔してんだよっ

顔真っ赤にして微笑むんじゃねぇよ

反則だろ、その笑顔っ

つーか、意地悪のつもりが俺の方がやられてんじゃん!

やばい、ドキドキが止まんねぇ
You.
You.
で?北人、どこ行くの?
あ、勢いであなたを引っ張ってきたから、どこ行くかなんて考えてなかった
北人
北人
ファミレス行くか?
You.
You.
あっ、行きたい!
あなたは満面の笑みを浮かべて、俺の顔を見上げた

……っ!

ドキドキさせやがって、コイツ計算か?

いや、あなたに限ってそんなことあるわけないか
















中途半端でごめんなさい!


次、♥️×15で投稿します✨