無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

454
2020/11/03

第9話

𝑛𝑖𝑛𝑒
あなたside


んー……


やっぱりついてきてる…よね。
北人とふたりきりで同居してから早2ヶ月


最初は不安でいっぱいだったけど、慣れてくるとなんだかその生活が新鮮で楽しいと思うようになった
一緒に住み始めたとはいえ、まだ高校では北人と幼なじみってことを内緒にしているから、私は北人が帰ってから帰るようにしている
その方が北人の追っかけの女の子たちに目をつけられなくて済むから安心!

……のはずなんだけど、
ここ3日間、帰り道にいつも感じる視線と足音
ストーカー……?
いやいやいや。
私、ストーカーされるほど可愛くないし、










You.
You.
ただいまー
あれ?返事がない

いつもなら北人が返事してくれるのに
You.
You.
北人〜?
リビングに入ると北人がソファに横になって寝ていた

疲れてるんだな〜、
私は薄い毛布を北人にかける

そしてふと北人の顔を見た

……やっぱり北人ってかっこいいよね
なに?この整いすぎてる顔は
北人
北人
……なに見てんだよ
You.
You.
へっ、わぁっ!お、起きてたの?!
北人
北人
今起きた
び、びっくりした〜
北人
北人
なに?俺に見とれてたの?
You.
You.
ち、ちがいますっ!
本当は違わないんだけど、
北人
北人
ふ〜ん。今日の夕飯何?
You.
You.
あ、今日はハンバーグだよ
北人
北人
ハンバーグ…ね。
どうしたんだろ?
You.
You.
北人?どうしたの?
北人
北人
いや、麗華、元気かなって思っただけ
麗華かぁ…。なつかしいなぁ
麗華っていうのは、私たちのもう1人の幼なじみ。
中学2年生のときに北海道に引っ越しちゃって……
それ以来、連絡もとってない
引っ越す前北人は麗華のことが好きだった
って直接聞いたわけじゃないけど……
北人の態度から私は確信してた
You.
You.
麗華、ハンバーグ好きだったもんね
北人
北人
ああ。めっちゃガキだったな
北人はそう言って笑う
その笑顔を見た瞬間、

ズキ…と胸が痛んだ

え?ズキ?

なんで私ショック受けてんの?
麗華のこと思って笑顔になる北人を見て苦しくなるなんて…
まさか私、北人が好き……



なんてことないよね!?
ありえない、ありえない
私が?北人を?

何考えてんだろ、私
北人
北人
おい、なに百面相してんだよ
You.
You.
え、?あ、なんでもないよ!あはは、
北人
北人
……?変なやつ
あぶない、あぶない





私はブンブンと首を振って、胸に残っていたモヤモヤした気持ちを消した