無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第101話

🌸
🐰


あなたが家から出てって数十分後


俺は学校に行くために家を出た


もう学校に着いているはずの


テテとあなたが


深刻そうな顔をしながら


向き合っていた


目の悪い俺でも少しわかる


テテが涙目だった









シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

推しは精神安定剤
推しは精神安定剤
            ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ               # また会おう🎗             novel/puA3Jo+            その手を離さないで            私の書いた本当の話         人 間 の 置 か れ た 場 所 は           不 平 等 で 理 不 尽 な 世 界 だ               🎗🎗          07.13 静岡 SYS     参戦 済          11.23 千葉 매직샵 팬 미팅 参戦               🌻🌸   完 結 し た 作 品 は フ ォ ロ 限 で す
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る