第37話

٭❀*
2,547
2021/06/02 22:40
雛鶴side










あら、初めて私sideね!←メタい




そうそう、あの後かなり大変でね、天元様は重症すぎたし、あなたは血の流しすぎでぶっ倒れたの←






けどそれだけじゃなくて.......




毒の副作用?みたいなので意識が飛んでね、2週間も起きなかったの。


その間、私はほんとに大変で.......


ぎゃーぎゃー騒いでて静かにさせるのにどれほど苦労したか.......



まぁ今はすごくげんきいっぱいで生きてるわ











宇随(なまえ)
宇随あなた
ひっなつっるちゃーん!!
雛鶴
雛鶴
はーい
宇随(なまえ)
宇随あなた
柱稽古手伝ってくるね!!





そう、あなたは柱稽古が始まってから、蛇柱様の所を手伝ってるの。



手当してあげたりしてあげてるらしいわ。
優しいわね〜
噂によるとね、蛇柱様がかなり厳しいらしいから、あなたが癒しになってるんですって!






そういえば.......
あなたは完璧に動けるようになって、鬼狩りを続けるの。
天元様は片目と片手を失って、戦うのはもう厳しいらしく、柱を引退したわ。




雛鶴
雛鶴
いってらっしゃい。



それはそうと、今日も私は笑顔であなたを送り出した.......

プリ小説オーディオドラマ