無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2『設定』












永瀬廉、当時15才、中3、私の隣の家に越してきた



廉の弟は5才年下…海人



私と同小5、10才『ちょっと陰キャだけど優しいのが頼もしい』



永瀬が引っ越して私の人生180度回ってからの270度とか言ったところだろうか?









あなた
私、廉にお近かずきになりたい
海人
海人
それは無理だね笑
あなた
近くにいるのに遠い存在…
海人
海人
僕も…お兄ちゃんと比べられるし
そんなに友達もいない┉ゲームとかSNSならするけど
あなた
私、最近、廉くんを観ていると心臓が痛くなって不整脈が出たり
頭がモヤモヤして、あちこち検査したんだけど異常がないって💧
あなた
先生が言うなら極度のストレスらしい
海人
海人
あやまの、可哀想だね…


Next.