無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6








ガチャ
永瀬
永瀬
お帰り、遅かったなぁ~自分家なのにインターホン鳴らしてww
あなた
ま、間違えた:💦
永瀬
永瀬
腹減って先に飯食ってたぞ!
あなた
ぅん
永瀬
永瀬
顔色悪いなぁ~?
あなた
全然大丈夫だよ

私:緊張してご飯が食べられそうにない、カッコ良すぎるし
永瀬
永瀬
風呂入って背中流してやろか~!?
あなた
今日はやめとく…
永瀬
永瀬
相変わらずイケズやわぁ~
あなた
もう寝るね、お休み
永瀬
永瀬
おん


二階に上がる
あなた
うわぁ~!二段ベット、聞いてないよお
永瀬
永瀬
海人オ,どしたぁ
あなた
何でもないよオ~!
あなた
(私のベッドはどっち!?)
(海人の匂いを嗅げば分かるはず)
あなた
(!?分からんけど、下の方が香水の匂いがするから海人は上だな)

廉も二階に上がってくる
永瀬
永瀬
大丈夫か?母さんが心配してペットボトル,ほい
あなた
ありがとうございます
永瀬
永瀬
え?おおきにが出なくなったか…海人はついに東京人になったんか
俺はいつまで経っても中途半端なエセ人間でいじられて
あなた
お兄ちゃんはそのままで良いんだよ、それだけで注目されているってことだもん
永瀬
永瀬
そんな自分を卑下するな、海人は海人なりにいいところが沢山あるんや
あなた
疲れたから寝るね




Next.