無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7










翌日『木曜日』
目が覚めると私は自宅のベットに寝ていた…



登校
海人
海人
どうだった?
あなた
何とも言えない…初めてだったから緊張して夕食食べられなかった
海人
海人
僕の身体痩せさせないでよぅ~
あなた
ごめんごめん笑
海人
海人
僕はあやまのママの料理が美味しくていっぱい食べちゃった!!
あなた
こっちこそっ、私の身体、太らせないでよね
海人
海人
お兄ちゃん優しかったでしょ?
あなた
ぅうん気を遣ってる気もするけど、
海人
海人
歳が5才差だからねネ、ケンカとかまではならなかったよ
僕が弱いの分かるから。
あなた
良いなぁ~,私はひとりっ子だから
兄弟がいるって羨ましいけど1人で過ごす時間が当たり前で
あなた
でも案外、静かに過ごせるのも好きかも!?
海人
海人
そっかー、僕はお兄ちゃんがJr.に入ってから寂しくなったよ
でも、あやまのが側にいてくれて嬉しいなぁ////
あなた
迷惑かけてごめんねぇ
海人
海人
同小なんだし楽しいよ♪




Next.