無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

景色
あなた

ラウくん今日短縮授業だったやんね?

ラウール
ラウール
そうだよ
あなた

んじゃあお迎え行くわ

ラウール
ラウール
え、珍し!なんか悪いものでも食べた?
あなた

なんでそうなんねん!

あなた

人の親切を!

ラウール
ラウール
ごめん、でも僕が迎えに来てって言ってもダルいわーとか言って一回も来たことないじゃん
あなた

それはごめん

あなた

でも今日はちゃん行くから!

ラウール
ラウール
わかったよ、じゃあ校門の前で待っとく
あなた

はーい、車で行くわ!

-----授業後-----
あなた

おーい!ラウー!

ラウール
ラウール
あ、あなたちゃん
あなた

皆に見られる前にはよ乗ってー!

ラウール
ラウール
はーい!
あなた

ラウ今日は何やったん?

ラウール
ラウール
今日はね国語で走れメロスやったよ
あなた

懐かしいわー
メロスは激怒したやったっけ?

ラウール
ラウール
そうそう
あなた

残念ながらその一文しか覚えてないけど

ラウール
ラウール
あなたちゃんバカだもんね
あなた

失礼すぎてわろた

ラウール
ラウール
ていうかあなたちゃん家の方向じゃなくない?
あなた

あー、ちょっと連れて行きたいとこあってさ

ラウール
ラウール
え、怖い
あなた

なんでだ!

あなた

ラウール最近落ち込んでたみたいだから気分転換もアリかなって思ってさ

ラウール
ラウール
……あなたちゃんて普段おちゃらけてるけど、ちゃんと皆のこと見てるよね
あなた

ラウに誉められた!

あなた

あ、もう着くよ!

ラウール
ラウール
ここって…
あなた

そうここから見る景色キレイやろ?

あなた

私な、悩み事あったらいっつもここ来とってん
ここに来たら自分の悩み事なんてちっぽけなもんやなって思ってしまうねん
不思議よな

ラウール
ラウール
…僕皆と距離の取り方がわからないんだ
ラウール
ラウール
皆先輩だし、高校生の僕が絡んでも楽しくないんじゃないかとか、失礼なこと言わないように気を付けなきゃとか考えちゃって…
あなた

なんや、ラウールくんちっちゃいなぁ

ラウール
ラウール
え?小さい?
あなた

ちっさな悩みやなぁってこと

ラウール
ラウール
僕めちゃくちゃ悩んでるんだけど!
ラウール
ラウール
あなたちゃんのバカ!
あなた

ラウールくん聞いて?
ラウールくんは皆の事思って一歩ひいてるんやろ?

あなた

そんなん同じグループやねんから先輩やからとか年上やからとかそんなん考えるだけ無駄やん

あなた

いつまでも一歩ひいたままじゃこの先グループとして成長できんかもしれんよ?

ラウール
ラウール
成長できない…?
あなた

うん、一歩ひいたままやとメンバーにいつまでたっても信用されへんのちゃう?

ラウール
ラウール
たしかに…
あなた

だから自分の殻破ってみ?
皆ラウールより年上なんやから受け止めてくれるに決まってるで

ラウール
ラウール
甘えていいのかな?
あなた

当たり前!むしろ甘えれるのが末っこの特権やで!

ラウール
ラウール
ふふっ
本当に僕ちっぽけな悩みだったよ
ラウール
ラウール
甘えてなんぼだよね!
あなた

そうそう、甘えてなんぼや!

ラウール
ラウール
あなたちゃんありがとう!スッキリしたよ!
その後スッキリした顔になったラウールはめめに抱きつきに行くのでした