無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

ラウールのお勉強
ラウール
ラウール
んー
ラウール
ラウール
難しいー
あなた

ラウちゃんどったんー?

ラウール
ラウール
あなたちゃんどっかいって
あなた

え、急な塩対応にビックリ

ラウール
ラウール
阿部くんとチェンジで
あなた

残念あべちゃんはお仕事です

ラウール
ラウール
じゃあ僕に話しかけないで
あなた

さては勉強に行き詰まってるな

ラウール
ラウール
耳ついてる?
向こう行って欲しいんだけど
あなた

私が勉強みてやらんこともないで!

ラウール
ラウール
あなた

なんでそんな塩対応なん!?

ラウール
ラウール
知ってる?
あなたちゃんに前勉強教えてもらったことあるじゃん
あなた

うん、あるね

ラウール
ラウール
そのとき無駄な話しかしなかったよね?
あなた

え、全部ためになる話だったんやけど…

ラウール
ラウール
数学の解き方聞いてるのにマチュピチュの話したのは誰?
あなた

私やね

ラウール
ラウール
英語の文法聞いたのにハングルで挨拶したのは?
あなた

私やね

ラウール
ラウール
漢文聞いたのにタイ語で挨拶したのは?
あなた

それはじーこ

ラウール
ラウール
とにかくあなたちゃんは勉強の邪魔しかしないじゃん
あなた

確かに今までの私は駄目だったかもしれない

あなた

でも!ラウールの為に昨日勉強したんだよ!

ラウール
ラウール
あなたちゃん…
ラウール
ラウール
昨日は佐久間くんと夜中までアニメ見てたじゃん
あなた

なんで知ってるん!?

ラウール
ラウール
二人の声大きすぎてなかなか寝れなかったんだけど
あなた

まじか

あなた

誠に申し訳ありません

その後仕事から帰って来たあべちゃんによりラウールの勉強は捗りましたとさ