無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

一筋の涙
プルルル

誰かから電話がかかってきた
携帯を見ると滝沢さんからだった

「もしもし?」

「あ、もしもしあなたさんに今日は話があるんですが」

「はい、なんですか?」

「SnowManのデビューが決まりました」

「え!ほんとですか!!」

「はい、まだメンバーには伝えてないので極秘でお願いします」

「わかりました!」

「そこで、デビューする前にルームシェアを解消させようと思っているんですが」

「…そうですよね、もう皆仲良いのでもうルームシェアの意味ないですもんね」

「あなたさんが居てくれたおかげで仲良くなれたと思います。本当にありがとうございます」

「いいえ、彼ら自身で解決しましたよ。退去にあたってのご説明がありますのでまたお時間あるときにいらしてくださいね」

「はい、わかりました。それでは。」

分かっていたことだった
皆がデビューすることはとても嬉しい
心からおめでとうを言える
だけど、この騒がしさがなくなるのは寂しくもある