無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話











駿佑)ただいまぁ!









『おかえり!お兄ちゃ、、、ぇ?』









大橋)みっちー彼女おったん?!!!!








『いや、違i』









長尾)みっちーに彼女なんて居ったんや、w








『彼女じゃなくて妹です!』









皆)妹ぉぉぉぉぉぉぉぉ?!








大西)僕達のこと知っとる?








『知ってます。良くお兄ちゃんが話すのでw』








皆)駿佑がそんな話するなんて意外やなぁ!








駿佑)俺だってそんな話するわ!







皆)笑笑























_打ち上げ終了後_























駿佑)、、、あなたその手どうしたん?












『ぁ、これ?、なんでもないよ!』











駿佑)、、じゃぁなんでそんな包帯ぐるぐる巻にしてんの?










『、、それは、、、』










駿佑)誰にやられたん?









『言わん、、』









駿佑)言って!!










『、、言えない、だって言ったら、お兄ちゃんが傷つくかもしれんから、、』










駿佑)俺は傷ついてもいいから!、言ってくれない、、?


























   
























































































『だって、、関ジュのファンの人達だから、、』