第57話

ごじゅうろく
28,044
2019/09/10 12:45
あなた
いやあ、うん…確かめたかったんです
さとみ
…それだけ?
あなた
っ…それだけ、じゃ、ない…けど!





































いつもいつも言おうと思って、


やっと望んだシチュエーションになれたのに。


いざ本人を前にすると、


頭の中が真っ白になっていく。


モヤがかかったように、言葉が消えていく。


軽くパニック状態である。
















































さとみ
…あなた
あなた
…はい
さとみ
ゆっくりで、いいよ


















































待ってるからと、さとみくんは続けた。


…くそ、不覚にも


ときめいてしまったではないか…。


こういう、スペック高いのむかつくわ…


なんて悪態ついてる場合じゃない!


ちゃんと言わないと…














































あなた
…さっき好きって言ったの、本気だから
さとみ
…うん
あなた
あんな、事…されて、嬉しいわけじゃないけど、
さとみ
うん
あなた
っでも、それで私たちを繋ぎ止めれるんだったら、我慢するし、
さとみ
あなた
だから、無視しないで欲しいし、避けないで欲しい、です
さとみ
…あなた






















さとみくんが静かに私の名前を呼ぶ。


怖い。


何を言われるんだろう。


気持ち悪い、とか?


もう関わりたくないって


言われたらどうしよう。


さとみくんの目を見られない。


黙っていると、さとみくんは


また静かに溜め息をついた。
































































さとみ
お前本当に、バカだよな
あなた
……ん?















































今彼はなんと、?























































さとみ
バカって言ったんだよこのおたんこなす
あなた
バ、バカ…?!
さとみ
バカだろ。俺が何のためにお前を避けてきたか、分かる?
あなた
……わからない
さとみ
だろうな
あなた
……





























































変な感じになってました。

コメントで教えて下さりありがとうございます




プリ小説オーディオドラマ