無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

24,122
2019/09/11

第58話

ごじゅうなな
あなた
で、避けてきた理由を教えてください
さとみ
…あなたに、迷惑がかからないようにって
あなた
…私に?迷惑?























































よく分からないんだけど…


首を傾げながらさとみくんを見つめる。


目をそらされた…。



















































さとみ
〜〜〜ッ!だから!お前にあんな事して、もう、迷惑かけたくなかったから
あなた
…だから私を避けてたの?
さとみ
……そういうこと



































こっちを見ずに、ボソッと呟くさとみくん。


え、そんなこと考えてたの…

































































あなた
…そんなの気にしなくていいのに
さとみ
気にするよ。俺のせいで男装してること皆にバレたんだし。……それに
あなた
それに?
さとみ
………嫌だったんだろ?バレるの



























































嫌だった…というより、諦めだった。


いつかはバレるはずだったし、


そりゃまだ言わないつもりだったけど


バレる時が早くなっただけだし。


いずれは……













































あなた
いずれは、言うつもりだったから、気にしてない
さとみ
……そっか
あなた
じゃあ、避けないでね
さとみ
でも立場は考えなきゃだよな…、メンバーなんだし
あなた
…うん








































さとみくんは、あくまで立場を考えて


私を避けないでいてくれるらしい。


そっか、今までの、濃い会話は


なくなってしまうんだって。


気持ちを話すことで、


戻るってことを期待してた。


私だけだったらしいけど。
















































さとみ
………でも
あなた
…?


















目を逸らしたまま、さとみくんは続けた。















































































































さとみ
俺は、嫌だよ